体温が高いのに冷え性になる原因や治し方

体温が高いのに冷え性になる原因や治し方について

体温が高いのに冷え性になる原因や治し方

体温が高いのに冷え性になる原因や治し方平均の体温が35度以下になると、「低体温」とされます。

 

低体温の人は、当然ながら体も冷えやすく、冷え性が合併することが多いです。

 

ただし、体温が低くなくても、冷え性になることはあります。

 

たとえば、平熱が36.5度~37度以上と健康的な体温であっても、冷え性に悩んでいる方もいます。

 

体温は高いのに、手足が冷えるといった症状が出ることもあります。

 

低体温の場合は内臓温度が低くなることで、血行が悪くなり冷え性になることがありますが、平熱が高くても冷え性になるのは「自律神経のバランスの乱れ」が原因にあたると考えられます。

 

自律神経は意思でコントロールできるものではありません。それが、何らかの原因によりバランスを乱れてしまいます。

 

たとえば、過度のストレスや、緊張状態などが続くことにより、交感神経・副交感神経のバランスが乱れ、交感神経が優位にたつことで血管が収縮し、血液の流れが悪くなることで冷え性の症状が出ると考えられます。

 

また、体温が低いと代謝が悪くなると言います。代謝が良いと、汗をかきやすいというイメージがありますが、汗をかくからといって代謝が良い状態とは限りません。

 

代謝は新しい細胞が古い細胞と交換されることを言うため、代謝が高いといっても汗をかくとも限りません。汗をかくことについては、水分代謝という代謝が関係しています。

 

内臓が活発に働いている状態が基礎代謝で、体温が高くても手足が冷えるのは、そういった熱バランスが乱れたこと、つまり自律神経の関係です。

 

体温が高い人でも冷え性になる場合は、血管を丈夫にしたり、血行を促進させることを意識しましょう。

体温を上げるサプリメント ランキング

αGヘスペリジン

αGヘスペリジン


αGヘスペリジンは、体温を上げるために有効なヘスペリジンのサプリメントです。江崎グリコが20年もの歳月をかけて開発しています。


ヘスペリジンとは、みかんからとれるポリフェノールの一種で、ビタミンPでもあります。このめぐり成分が、スピーディーに身体をめぐってポカポカをサポートします。


1日たった1粒で、みかん30個分ものヘスペリジンを摂ることができます。


価格 1,000円
成分 ヘスペリジン

公式サイトへ


美健知箋

美健知箋


美健知箋は、女性に嬉しい体温を上げるサプリメントです。


血流を高めるしょうがやレスベラトロール、血管を拡張する高麗人参により体のめぐりを良くして、ビタミンやビール酵母といった9種の成分が体を応援。


1日たった2粒で、毎日をポカポカ生活にしていくことができます。


価格 2,000円
成分 しょうが、レスベラトロール、高麗人参、ビタミン、ビール酵母など

公式サイトへ


美めぐり習慣

美めぐり習慣


美めぐり習慣は、しょうがの力で体のめぐりを良くし、体温を上げるサプリメントです。


国内産のオーガニックしょうがを使用しているこだわりで、その他に女性に嬉しい鉄分やビタミンC、葉酸なども配合しています。


ビタミンCや葉酸は鉄分の吸収を助ける働きもあり、体のめぐりを良くしながら栄養補給にも。


価格 1,480円
成分 しょうが、鉄分、ビタミンC、葉酸など

公式サイトへ